手技療法

手技療法

原因となる部位を特定し、回復の妨げとなっている部分重点的にバランス改善を行い、機能回復を図ります。

物理療法

電気療法には干渉波・低周波・EMC・MCR(マイクロカレント)を症状と部位により使用。
温熱療法には超音波・ホットパックを使用。

 

物理療法
運動療法

運動療法

ストレッチ、ストレッチボード、ストレッチボールで姿勢の改善を行います。
足の疲れやむくみには、メドマー(空気圧によるマッサージ)を使用します。

固定治療

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)などに包帯・金属副子等を使用します。

固定治療
テーピング
サポーター

テーピングとサポーター

外反母趾、腱鞘炎、ぎっくり腰、スポーツ障害等に使用します。

※当院では症状により患者様とご相談の上サポーターをおすすめする場合があります。